忍者ブログ

なんやかんやなブログ

気の向くままに書きます!

HOME • Admin • Write • Comment
これは、数年前に大雪が降った日のことです。私が住んでいる地域は、確かに東北に近いですが、一応、関東なので、雪はたまに降りますが、こんなに降ったことは始めてでした。

その日は、遅くまで仕事で、うちの会社、職場から駐車場まで10分程度歩かなければなりません。

そして、傘をさして駐車場で向かったとこ、もうかなりの雪が降り積もっていました。一応、車に乗り、エンジンをかけたものの、タイヤが雪に埋もれて動きません。

その日は残業だったので、駐車場には、自分しかいません。

寒いし、暗いし、心細いし、雪はまだ降ってるし、孤独に打ちのめられそうでした。

実家や、彼氏に電話したって、迎えにこれる訳ないし、とりあえず、車の周りの雪を掻けば出れるはず。でも、雪掻きの道具なんて持ってないし、若い女の子に人気のアパレル系で働いている私の服装は、雪掻きに不向きでした。

どうしよう?泣きたい。

その時でした。どこからか、雪掻きのスコップとレインコートとブーツを持って、一人のお姉さんが車の前に立っていたのです。

お姉さんは、この駐車場の前に住んでいる人で、あまりの雪のすごさに、駐車場の人が帰れるか心配して、窓からちらちら見ていたそうです。

このお姉さん、もうお風呂に入りレインコートの下は寝巻きだったのにも関わらず、

「一緒に雪掻きしましょう。」

と言ってくれて、私に持っていたレインコートと長靴を貸してくれたのです。

孤独で泣きそうだった私はそれだけでも、救われました。

しかし、今だに降り続く雪の中、女二人で雪掻きして、すぐ車が出れる訳がありません。

すると、お姉さんが、

「うちに、泊まる?汚いけど(笑)」

と言ったのです。初めて会った自分を泊めるとか、普通、そんな人いませんよね。

さすがに遠慮して、雪掻きを続けましたが、お姉さんの優しさに感動して泣きそうでした。

それから10分ぐらい、雪掻きした結果、ようやく、車が出れそうになりました。

気づくと、日付が変わっていました。

初対面の私に、ここまで、優しくしてくれたお姉さん。

お姉さんの家からこの車まで、雪に埋もれて歩くのも大変だったはずなのに、出てきてくれたお姉さんに本当に感謝しています。

人にここまで優しくされたことないから。

帰り道、感動してやばかったです。

世の中捨てたものじゃないなと思いました。
PR

この記事へのコメント

Name
Title
Mail(非公開)
URL
Color
Comment
Emoji Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Pass   コメント編集に必要です
 管理人のみ閲覧
Copyright ©  -- なんやかんやなブログ --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]